外貨両替の手数料が安くてレートが良いのは?マネパカードにご注目!

外貨への両替を少しでも良いレートでやりたい!

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

銀行や両替所などで外貨両替する。


海外のATMから現地通貨を引き出す。


クレジットカードで支払う。


海外に行く時に外貨を手に入れるには、こんな方法がありますが、気になるのが為替レートですよね。

少しでも良いレートで両替したいものですが、銀行やカード会社の為替レートには、為替手数料(両替手数料)が上乗せされています。テレビで流れる市場のレートより高くてびっくりしたことがあるのではないでしょうか。

この両替手数料を節約することが、お得に外貨両替するポイントの一つになります。




何でも手数料というものは虚しい出費です。手数料を少しでも抑えて、その分本来の観光や留学で必要な費用に回すことが、生きたお金の使い方です。そこで、注目の両替手数料の節約術がコレ!

海外プリペイドカードの「マネパカード」!



この「マネパカード」は、両替手数料が安く設定されています。
(例)2019(平成31)年2月7日13:00−13:10頃の日本円⇒米ドル両替レートの比較(手数料込みです)

マネパカード

クレジットカード

金券ショップ(大黒屋)

三菱UFJ銀行

1米ドル=110.70円

1米ドル=111.85円

1米ドル=111.87円

1米ドル=112.74円

※クレジットカードはVISAカードのレートに事務処理コスト(手数料に相当)1.63%を乗じたものです。。

※「三菱UFJ銀行」は系列の両替店「ワールドカレンシーショップ」の両替レートです。


それでは、この「マネパカード」がどんなものなのかを紹介します。


マネパカード,手数料,安い,レート,両替


「マネパカード」ってどんなもの?

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

両替手数料が最安「海外プリペイドカード」

マネパカード

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


東証一部上場のFX会社マネーパートナーズが発行するマスターカードと提携したプリペイドカードです。日本国内でも使えます。クレジットカードが無い人も持てます

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

海外プリペイドカードって?

 

マネパカードはクレジットカードなくプリペイドカードです。事前に必要な金額をカードに入金(チャージ)しておいて、その金額の範囲のなかで、支払いや両替に使えるという前払い方式のカードです。残高が無くなると、何回でも繰り返し入金して使えます。こうしたプリペイドカードにはいくつか種類がありますが、海外で使うことを前提としたものが主流です。しかし、マネパカードのように日本国内でも日本円で使えるものもあります。

 

⇒他社の海外プリペイドカードと比較

 

 

マネパカードを持つ意味って何?

 

クレジットカードの補完的なカードとして

 

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

海外では複数の支払い手段を用意しておくことが安心のための鉄則です。その手段の1つにマネパカードが適しています。為替相場や支払額によってクレジットカードと使い分けしたり、クレジットカードの利用限度額が足りない場合の補完にもなります。

⇒マネパカードとクレジットカードとの違い

 

クレジットカードが無い人の安全な現金代わりとして

 

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

海外では安全のため、持ち歩く現金を最小限にして、なるべく現金以外の支払い手段を使うことも鉄則です。マネパカードはクレジットカードのように、カードで支払いができ、もし紛失したり、盗難にあっても残高補償などの体制が整っているので、現金よりメリットが大きいです。特にクレジットカードを持っていない人や持てない人は、一枚あると安心です。
また、マネパカードを支払い使うと、1.0%〜のキャッシュバック(後日現金で返ってくる)がある点も、現金払いするよりもメリットがあります。

マネパカードの両替手数料はどれくらい安い?

 

マネパカードの両替手数料は?

 

マネパカードでは、先に日本円を外貨に両替してから、カードに入金(チャージ)します。両替の時点で、両替手数料がかかります(実際は両替レートに含まれています)。

 

マネパカードで利用できる外貨の種類と両替手数料

 

マネパカードの入金できる外貨の種類とそれぞれに両替したときの、1通貨あたりの手数料は次の通りになっています。
2019年3月18日〜から適用の手数料です)

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

米ドル

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

ユーロ

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

英ポンド

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

豪ドル

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

香港ドル

2.5円

3.0円

4.0円

2.0円

0.35円

※上記の手数料は、マネーパートナーズFX上で取引されているリアルタイムの為替レート(買い)に上乗せされます。
上記の通貨を公式に採用している国や地域はこちら。

 

?例えば、為替市場のレートが例えば1米ドル=110円とすると、マネパカードでは1ドル=112.5円となります。この手数料が安いの高いのか、ピンとこないかもしれませんので、他の両替手数料と比較してみました。

マネパカードの両替手数料を比べてみると

国内の銀行

米1ドル約3円 1ユーロ約4円、1英ポンド約11円など

クレジットカード

1.6〜2.0%

国際デビットカード

3〜4%

プリペイドカード(マネパ以外)

4〜5%

マネパカード

1米ドル2.5円、1ユーロ3円、1英ポンド4円など

 

例えば、1米ドル=110円の場合、単純に計算すると、銀行両替で113円、クレジットカードは111.7円(1.63%)、デビットカードは113.3円(3%)、海外プリペイドカードは114.4円(4%)、マネパカードは112.5円となります。

 

(参考)クレジットカードの両替手数料

 

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


海外でクレジットカードを使った場合に適用される為替レートは、市場のレートとは異なります。マスターカードやVISAなど決済会社が市場レートを参考にして独自に決める為替レート(=換算レート)に、カード会社が「事務処理コスト」(両替手数料に相当)として、1.6〜2.0%(マスターカード/VISAでは1.63%が主流)を上乗せしたレートになります。また、実際に適用されるレートは支払った時点のものとは限りません。

 


⇒【参考】マスターカードの最新換算レート(英語)

 

⇒【参考】VISAの最新換算レート(英語)

 

 

両替手数料が安くても、ほかに色々費用がかかるのでは?

 

?両替手数料が安くても、別のところで色々お金を取られると意味がありません。そこで、マネパカードを利用するにあたってかかる手数料などをまとめました。

 

マネパカードのしくみ

 

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

 

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

 

 

新規発行手数料

無料

年会費・口座維持費

無料(持っているだけでは費用はかかりません

マネパカード会員口座へ振込手数料

必要な場合のみ(三井住友銀行の指定口座への振込になります)

カードへの入金(チャージ)手数料

無料

支払いに使用したときの手数料

無料

海外ATMでの現金引出し手数料

(1回につき)

米ドル

2ドル

ユーロ

1.75ユーロ

英ポンド

1.5ポンド

豪ドル

2.5ドル

香港ドル

20ドル

※現地の銀行などATM運用者による手数料が別にかかることがあります。

外貨から円への再両替手数料

無料

クロスボーダー手数料

2%

対応している5通貨以外の通貨で利用した際にかかる手数料

余った外貨の出金(払戻)手数料

(1回につき)

500円(税別)

外貨を円に戻す(再両替)だけで、現金化しなければ、この手数料はかかりません

再発行手数料

(盗難・紛失、暗証番号忘れ)

1,000円(税別)

申し込む際に設定した暗証番号は忘れないように注意してください!

 

このように、マネパカードで必要な手数料は、両替手数料以外、海外のATMを利用した場合のATM手数料、余った外貨を日本円の現金に払戻す出金手数料ぐらいに限られています。

 

 

マネパカードには両替手数料以外にもいろんなメリットが!

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

 

マネパカードのメリットいろいろ

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


両替レートが分かりやすい

クレジットカードの場合、適用された為替レートは後日送られてくる請求書ではじめて知ることになりますが、マネパカードは自分でレートを確認して両替を実行します。このため予算の管理がしやすいです。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


5つの外貨+日本円に対応

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円に対応しています。複数の通貨を1枚のカードにチャージ(入金)することもOK。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


クレジットカードに似た使い勝手

クレジットカードと同じようにマスターカード加盟店で買い物や食事などの代金を支払いしたり、海外のATMで現金引き出したりできます。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

日本国内でも使えます!

カードに日本円をチャージしておくと国内でも使えます。海外で余った外貨も日本円に再両替して有効に使えます。

マネパカードを国内で利用してみました。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


15歳以上なら審査なしで作れる

未成年の15歳から74歳までの人なら審査なしで本人確認だけで持つことができます。クレジットカードが持てない人でも大丈夫です。

留学にも「マネパカード」

マネパカード,手数料,安い,レート,両替


年会費や維持費は無し

発行料、年会費、維持費は不要です。使ったときだけ手数料がかかるという、シンプルで分かりやすいしくみになっています。海外にあまり行かない人でも気軽に持っておけます。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

 

安心・安全に使えます。

カード本体は不正利用防止に強いICカードになっています。万一のときのために残高補償やショッピング保険があります。また、銀行口座とリンクしていない点も安心です。

<% metaKeywords %>

キャッシュバック付きでお得!

マネパカードを買い物などの支払いに使うと、その金額の1%がキャッシュバック(現金での還元)されるのでおトクです。

マネパカードを国内で利用

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

FX取引でさらに安く両替も可能!

希望の場合は、FX取引の「現受け」を利用してよりお得に外貨を入手することもできます(FX口座を開く必要があります)。※FXの利用はあくまで希望者のみです。

このようにマネパカードのメリットは魅力的なのですが、注意点もいくつかあります。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

マネパカードは、対応5通貨の通用国へ渡航する場合は、


安い両替手数料のメリットを丸々受けられますし、


キャッシュバックもあって国内外でお得に使えます。


1枚持っておくとと損はないカードです。



 

マネパカードの申し込みは、公式サイトで簡単にできます。

審査なし、概ね1週間で届きます。

 

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

詳しくはマネパカード公式サイトで確認ください。

マネパカード,手数料,安い,レート,両替

 

 

繰り返しになりますが、マネパカードの申し込みにあたっては

FX口座を開設する必要はありません

 

運営主体がFX会社という点に抵抗感がある方は、心配無用です。

マネパカードはFXとは全く関係なく利用できます勧誘もありません

(もちろん同社のFX口座と関連付けることもでき、特典もあります)