海外旅行ココに行くならマネパカードが必須!お得に使える国&地域

ここへ行くなら「マネパカード」を持っていこう!

マネパカード,使える,国,海外

マネパカードは「米ドル」「ユーロ」「英ポンド」「豪ドル」が公式に使われている国や地域で「両替手数料が安い」というメリットを最大限に生かせます。下表のような国や地域に行く場合は、せっかくなのでマネパカードを検討してみてください。

 

 

 

 

「マネパカード」のメリットを生かして使える国や地域はココ!

米ドル

アメリカ、グアム、北マリアナ諸島(サイパンなど)、パラオ、ミクロネシア連邦、マーシャル諸島、エクアドル、エルサルバドル、パナマ、東ティモール、英領ヴァージン諸島、英領インド洋地域など。

ユーロ

フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、ポルトガル、ベルギー、オランダ、オーストリア、アイルランド、フィンランド、ギリシャ、ルクセンブルク、モナコ、アンドラ、キプロス、エストニア、コソボ、ラトビア、リトアニア、マルタ、モンテネグロ、サンマリノ、スロバキア、スロベニア、バチカン

英ポンド

イギリス

豪ドル

オーストラリア、キリバス、ナウル、ツバル

※香港ドル

香港

※香港の場合は、マネパカードの手数料率が約1.8%とクレジットカード並みなので、手数料のメリットは小さいですが、予備の支払い手段としてや、クレジットカードが無い人や持てない人には、現金には無い利便性や安全性があるというメリットがあります。

※「米ドル」を入金(チャージ)しておけば、米ドル地域以外でも使えます。その際は+3%の手数料がかかります。
※「日本円」を入金(チャージ)することで、日本国内でキャッシュバックの特典付きで使えます。