マネパカードを国内で使ってみました!使い勝手は?

マネパカードの国内利用”初体験”

マネパカード,国内,利用

文字通り海外専用だった「マネパカード」が、国内のマスターカード加盟店での買い物や食事の支払いに使えるようになったということで、早速、近所のスーパーで使ってみました。※マネパカードは平成28年6月1日から国内でも利用できるようになりました。

 

国内の利用は、もちろん日本円です。あらかじめカードに日本円を入金(チャージ)しておきます。今回は、以前海外旅行で余った外貨が、マネパカードの会員専用サイトの口座に置いたままになっていたので、それを円に両替してカードにチャージしました。もちろん、円を新たに自分の会員専用サイト(口座)に振り込んで、カードにチャージすることも可能です。

 

 

スーパーでの使い方は全くクレジットカードと同じです。

 

支払の時に、マネパカードを出します。これで支払いはあっさりと終了です。

 

マネパカード,国内,利用

 

もし、支払回数を聞かれたら、「1回で」と答えてください。サインを求められたときは、カードの裏と同じ署名をしてください。

 

支払い後にメールが届きました。

 

マネパカードでの支払いが済むとすぐに「ご利用のお知らせ」メールが届きます(この時はレシートとメールの時間を比べると2分後でした)。

 

マネパカード,国内,利用

 

 

自分の会員専用サイトで利用明細や残高が確認できました。

 

メールが届くと、会員専用サイトにすでに最新の利用明細と残高が反映されていて、いつでも確認ができます。

 

マネパカード,国内,利用

 

マネパカード,国内,利用

 

マネパカード,国内,利用

この明細が確定すると、その翌月の10日に、マネ―パートナーズの利用に応じて、利用金額の1.0〜1.5%(キャンペーン中は一律2.0%)がキャッシュバックされます

 

 

海外によく行く人も、全く行かない人にも

このように、マネパカードの国内での使い方は、基本的に海外と同じです。国内では外貨からの円への再両替や入金などに手数料は全くかかりません。残高さえ注意しておけば、スムーズに支払いができます。

マネパカード,国内,利用

 

これまでマネパカードは、海外にあまり行く機会がない人には、使いにくいものでしたが、国内でも利用できるようになって、一気に利便性が高まりました。マネパカードは、審査なしに作れて、国内で利用する限りでは、手数料など費用はかかりませんので、海外によく行く人はもちろん、国内から一歩も出ないという人にも、日常の支払い手段のひとつとして、1枚持っておくと便利なカードです。

 

マネパカード,国内,利用