マネパカードの申し込み、入金の手順はこんなに簡単!

マネパカードの申し込みから利用開始までの流れ

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

申し込み

 

申し込みはマネパカードの公式サイトで受け付けています。入会費やカードの発行手数料など費用はかかりません。

 

申し込みの際に、運転免許証、健康保険証、住民票の写し、パスポートなど本人確認書類とマイナンバーに関する書類を用意してください。これらをスキャナーで読み取ったり、携帯電話やカメラで撮影した画像を画面上にアップロードします。(できない場合は、メールや郵便で送ることもできます)。

 

この作業以外は必要事項を入力するだけです。画面も見やすくて操作も簡単です。

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

カードと口座開設通知書が届きますつづき

 

本人確認書類などをアップロードで手続きすれば、申し込みしてから1、2日後に「Manepa Card発行のお知らせ」というメールが届き、カードの本体と「口座開設通知書」がそれぞれ別便の簡易書留で発送する旨が書かれています。

 

私の場合は、ネットで申し込みしてから4日後に「口座開設通知書」、7日後にカード本体が届きました。申し込みのタイミングや地域によって誤差はあるかもしれませんが、申し込み後概ね1週間でマネパカードが手元に届きます。在宅の必要が2回あるは不便です。

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

口座通知書とカード本体の受け取りのために在宅が2回必要だったり、さらに受け取り後に入金や両替の手続き(後述)をしないといけないので、出発日間近に申し込むとイライラすることがあるかもしれません。マネパカードは発行手数料や維持管理料はかからないので、予定がなくても時間のある時にカードだけ作っておいた方が良いと思います。

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

カード利用の事前準備をする

 

マネパカードを使うには事前準備が必要です。それには次の3つの手順を行う必要があります。
「振込⇒両替⇒チャージ」

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

自分用の会員専用サイトが用意されているので、「口座開設通知書」の記載にしたがってにログインします。この会員専用サイトが、マネパカードに入金(チャージ)する前のお金(未チャージ残高)を預けておく口座であり、両替やチャージなど手続きを行う場所となっています。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

 

マネパ―カードを使う3ステップ

 

会員専用サイト(カード口座)へ振り込みます。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

「口座開設通知書」に振込専用口座番号が記載されているので、そこへ金融機関の窓口やATM、インターネットバンキングからお金を振り込みます。金融機関の営業時間内(平日9時〜15時)であれば当日の2〜3時間後(即時のときもあり)、営業時間外であれば翌営業日の午前中に入金されます。土日祝はすぐに反映されませんので注意してください。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

※振り込み先は三井住友銀行のみになります。振り込み元によっては振込手数料がかかります。
※振り込みは会員の本人名義で行う必要があります。会員の本人以外が振り込みする場合も会員の名義で行ってください。※1回の入金額の上限は100万円です。

 

 

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

会員カード口座に入金されると、メールで通知があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外貨に両替します。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

会員専用サイトには、各外貨の両替レートが表示されています。好きなタイミングで、必要な金額だけを外貨に両替できます。操作は簡単です。ただ、両替できる時間帯は決まっています。

 

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

※サイトに表示されているレートはすでに両替手数料が上乗せされているものなので、他に手数料はかかりません。
※両替できる時間は次の通りです。特に土日は要注意です。

曜日

11月第1日曜日〜3月第2日曜日

3月第2日曜日〜11月第1日曜日まで

月曜日

7:00〜23:45

7:00〜23:45

火曜日〜金曜日

0:15〜6:25/7:10〜23:45

0:15〜5:25/6:10〜23:45

土曜日

0:15〜6:25

0:15〜5:25

日曜日

不可

不可

 

 

カードに入金(チャージ)します。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

会員専用サイトに置いている両替した外貨を、必要に応じてカードに入金(チャージ)します。入金手数料はかかりません。チャージできる時間帯も決まっていますので注意してください。

 

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

※両替した外貨を全てチャージする必要はありません。必要な金額だけチャージします。
※複数の外貨を同時にチャージしておくこともできます。
※反映は即時、タイミングによっては20分ほどかかることもあります。
※チャージの上限は1回(1日)100万円相当、月200万円相当額です。
※入金(チャージ)ができる時間が決まっています。曜日や時間帯によっては直ぐにできない場合があるので、普段からカードの残高に注意が必要です。

曜日

入金(チャージ)できる時間

月曜日〜金曜日

0:15〜23:29

土曜日

0:15〜8:00

日曜日

不可

※カードの裏に忘れずサインをしておいてください。

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

これでマネパカードが使えるようになりました!

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

国内外のマスターカード加盟店での買い物や食事などの支払いや、海外のマスタカード対応のATMで現金の引き出し(ATM手数料が必要)に使えます。支払いの際は、クレジットカードと同様に伝票への署名や暗証番号の入力を行います。利用明細や残高は利用のつど会員専用サイトに反映されて、いつでも確認できます。

帰国したあとの手続き

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

海外から帰国して、マネパカードに入金(チャージ)した外貨が残っているときは、

次の旅行に備えてカードに入れたままにしておく。

会員専用サイトに全額または一部を戻す(ペイバック)。

 

という2つの選択肢があります。どちらも手数料はかかりません。そして、カードから会員専用サイトに戻した外貨は、次にような処理の方法があります。

外貨のままおいておく。

 

口座維持料などの手数料はかかりません

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

全額または一部を日本円に両替のうえ、再びカードにチャージして国内で使う。

 

※同社の最新の為替レートによって外貨を円に再両替できます。その際の両替や口座維持の手数料はかかりません
※カードに再チャージしないで会員専用サイトにおいておくこともできます(未チャージ残高)。
※日本円をチャージしたマネパカードを国内で使うと、1.0%〜のキャッシュバック特典があります(⇒国内利用について)。

 

全額または一部を日本円に両替して払戻す(出金)

 

※指定の金融機関口座へ振り込みの形になります。その際、1回に付き500円(税別)の出金手数料がかかります

 

いずれも自分のいつでも好きなタイミングで行えます。両替レートをみて外貨に両替したときよりも円安になってるときに円に戻せば、差益をゲットすることも可能ですよ。

 

複雑そうだけど、実際は案外使いやすい。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

マネパカードはカードに入金する前に両替する必要がある点が、複雑で面倒に思っていましたが、実際はサイトの操作性が良く簡単で、流れもシンプルです。また、お金を置いておく場所が、会員専用サイト(口座)とカード本体に分かれていて、手数料なしで相互に移動できるのも、思いのほか、お金の管理がしやすくて便利です。

 

 

 

自分でレートを確認して両替できる。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

両替の際は、マネパならではの安い手数料のおかげで、レートが同じ時間帯の銀行と比べて良いので、気分的に良いです。それに、両替するときは手数料込みのレートを自分でしっかり確認して実行できるので、クレジットカードのように使った後で適用レートを知って一喜一憂することはありません。また、外貨に両替しすぎても、円への再両替を手数料なしに行えるので、気が楽で気に入っています。

 

使った後、すぐに利用明細が分かるのは安心。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

海外でのマネパカードを使い勝手はクレジットカードと同じように、支払い後に伝票にサインをするか、ICチップ搭載なので暗証番号を入力します。今のところ不都合な経験はありません。そして、カードを使う都度、数分以内に「ご利用のお知らせ」メールが届きます(万一、他人に不正使用されてもすぐに分かって安心)。明細や残高を確認して、間違いないか、余分に引き落とされていないかなど確認できて安心です。入金や両替もインターネットに接続できる環境があれば、普通に行えます。

 

 

 

残高は小まめに要確認、海外では時差にも注意。

 

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替

マネパカードは前払いのプリペイドカードなので、いつも残高を気にしておく必要があります。残りが少なくなったと思っても、入金や両替できる時間が決まっていて、時間帯や曜日によっては、すぐに対応できないこともあり、これは不便な点です。特に海外では日本は欧米よりも時間が進んでいて、現地で金曜日でも日本では土日だったりするので、入金や両替する場合は時差に要注意です。

 

この残高と時差に注意しておけば、アメリカやヨーロッパ、オーストラリアに行く人で両替手数料を節約したい人にはおすすめのカードです。

 

マネーパートナーズのFX口座を作って、マネパカードと連動させると、カード口座への振込や出金(残高の現金払い戻し)の手数料が節約できます。FXをやらなくても口座は作れるので、よく海外に行かれる人は検討されると良いと思います。

 

詳しくはマネパカード公式サイトで確認ください。

マネパカード,申し込み,入金,使い方,両替